マンション経営を楽しむ

マンション経営には一棟所有と区分所有の違いがあります。それぞれの功罪についてまとめてみました。

検索フォーム
注目エントリー
マンション経営を楽しむ

一棟所有と区分所有のマンション経営の違い、

マンション経営には、一棟を丸ごと購入して経営する場合と、一棟のうちの一部分だけ、例えば一部屋だけを購入してその部分だけで経営をしていくかに分けられます。どちらの方が良いかは人それぞれ分かれるでしょうが、それぞれどんな利点があるのかを見てみましょう。

これは一棟所有か区分所有かという問題です。一棟所有であると、すべての部屋を入居者で埋めることが要求されます。一か所でも空室があると、その分収入が得られないことになってしまいます。いつでも満室という状態を作ることができる、それだけの設備や立地条件がそろっているのであれば、一棟所有で大きな利益を上げることが可能となります。これに対して区分所有は、一部屋ないし二部屋と、貸し出す部屋が少なくなりますから、例えば低い階よりも高い階の部屋だけを購入して、高い階の方が人気が高い傾向にありますから、効率よく部屋を埋めることができるのです。また複数の箇所に区分所有の部屋を所有することもできます。こういう部分は、一棟所有よりも柔軟性が利きます。しかしもし一部屋だけしか貸し出していなかった場合、その部屋が空室になってしまうと賃料収入がゼロになってしまうことがあります。一棟所有だとどこかの部屋が空室でも、埋まっている部屋の収入で補うことができますが、区分所有だとそれができません。いずれにせよ、空室を作らないということがカギになってきます。

Copyright (C)2018マンション経営を楽しむ.All rights reserved.