マンション経営を楽しむ

マンション経営は中古か新築かで大きく決まってきそうですが、実はそういうわけでもないのです。

検索フォーム
注目エントリー
マンション経営を楽しむ

マンション経営は中古か新築かでは大きく決まらない

新築か中古か、実はマンション経営をするうえでこの要素はそれほど重要というわけではありません。もちろん、新築の方が設備は充実しているし、それだけ入居者を集めやすいかもしれません。しかし中古だからと言って設備が新築に劣るわけでも、入居者を集めにくいわけでもないのです。

そもそもマンション経営というのは、建物の良し悪しも確かの重要ですが、それよりも立地条件と賃料がその良し悪しを決定する重要な要素なのです。どんなに新しく、どんなに設備が整っていたとしても、立地条件が悪くて近くに駅も買い物施設もなかったり、家賃が高すぎて相場に見合ってなかったりすれば、入居者は集まりません。むしろたとえ中古住宅であっても、立地条件が良くて賃料もしかるべき値段に設定されているのであれば、その価値は新築をしのぐほどのものにさえなれるのです。

まず中古住宅でマンション経営を始めるというのであれば、やはり情報収集を正確にしていかなければなりません。その地域ではどんな物件が人気なのか、例えば家族連れが多い地域なのか学生が多い地域なのか、そういう部分を見極めて、住宅の購入はしなければなりません。そのさい、中古か新築かというのは、大きな要素ではなくなっているのです。

Copyright (C)2018マンション経営を楽しむ.All rights reserved.