マンション経営を楽しむ

マンション経営に適しているのは中古でしょうか、それとも新築でしょうか。どちらも一長一短なのです。

検索フォーム
注目エントリー
マンション経営を楽しむ

マンション経営には中古が良いか新築が良いか

中古の物件よりも、新築の物件の方が新しくて設備も整っていて良いと考えるのは間違いではありません。しかし中古の物件が新築よりも必ずしも劣っているというわけではありません。それらはどちらも一長一短で、どちらの方が優れているというわけではないのです。

まず新築のいいところとしては、当然その設備の充実です。築が浅いですから、それだけ最新の設備が揃っているということになります。それから耐震強度の問題でも、新築は新しい基準に合わせて建てられているものがほとんどですから、安心して購入することができるのです。ただし、値段の面で言えばどうしても中古よりも高くなってしまいがちです。そしてこれが中古が新築よりも優れていると言えるひとつの要因でもあるのです。とはいえ、中古と言えども、設備が必ずしも新築に劣っているわけではありません。メンテナンスの行き届いた中古住宅というのは、それだけスペックが高く、むしろ新築とほとんど変わらないということもままあります。

と言っても、中古住宅でマンション経営をするときには、やはり値段を安く抑えることができるというところが利点と言えます。その際には、耐震基準がしっかりと守られているかというところに気を付けなければならないでしょう。

注目情報

Copyright (C)2018マンション経営を楽しむ.All rights reserved.