マンション経営を楽しむ

賃貸住宅の供給過多に陥っている昨今では、マンション経営もかなり頭を使って作戦を練らなければなりません。

検索フォーム
注目エントリー
マンション経営を楽しむ

マンション経営は狙いを絞ってやる

昨今においては、賃貸住宅というのは供給過剰の事態に陥っています。しかもこれからは人口がますます減っていくと言われており、人がいなくなれば住むところがいかに充実していても、あまり意味がなくなってしまいます。マンション経営でいちばん恐ろしいのは、空室続きで入居者が全然集まらないということです。入居者がいなければ、家賃収入を得ることができないからです。ですから、これからのマンション経営はより人が集まるところに展開するように心がけなければなりません。過疎地域に賃貸住宅を建設しても、入居者が集まらずに結局うまくいかなくなってしまうでしょう。

要するに、立地条件を考慮してマンション経営はしていかなければならないのです。たとえこれから全体の人口が減少したとしても、都市部の人口はむしろ増えると言われています。つまり人が都市に集中するのです。そこで都市部にマンションを建設すれば、将来的な収益が見込めるということになります。また、マンション経営の狙い目としては、学生や都市部に働きにきているサラリーマンなどでしょう。彼らは田舎から出てきていますから、当然賃貸で部屋を借りなければなりません。こうしてターゲットを絞っていくと、マンション経営を成功させる確立も上がるのです。

Copyright (C)2018マンション経営を楽しむ.All rights reserved.