マンション経営を楽しむ

マンション経営を軌道に乗せるためには、購入物件の良し悪しがカギを握ります。抑えておくポイントをまとめました。

検索フォーム
注目エントリー
マンション経営を楽しむ

マンション経営をうまくするためには物件の購入が大切

マンション経営には、自分で一から建物を建設するタイプと、あらかじめマンションとして建設された建物を購入するタイプと、ふたつに分かれます。そもそも賃貸住宅というのは、どんなタイプにせよ、立地条件というものがそのカギを握ってきますから、建設するにせよ購入するにせよ、どんな建物を手に入れるのかは重要な項目です。

賃貸住宅というのは、当然駅から近い方が価値が高くなります。駅から近いほど、入居者に人気が高くなる傾向にあるのです。ですから、物件を探すときには、なるべき駅に近い建物を選ぶようにしましょう。駅から近く、また買い物施設なども近くにあり、それから騒音が少ないとなれば、それだけで賃料を多少高めに設定してあっても人は集まってきやすいです。またそういう物件は、年数を経過しても価値が下がりづらく、長期的な収益を見込むこともできるのです。

マンションの購入の際には、建ぺい率や容積率についても覚えておきたいところです。建ぺい率というのは敷地に対しての建物の規模の基準を定めたものであり、容積率というのは敷地の広さに対してどれくらいの延床面積ならば許されるかというその割合のことを言います。こうした項目をしっかりと理解して、物件の購入は検討をしなければなりません。

Copyright (C)2018マンション経営を楽しむ.All rights reserved.