マンション経営を楽しむ

マンション経営にも税金対策は必要です。所得税や固定資産税などは、条件によっては軽減できるのです。

検索フォーム
注目エントリー
マンション経営を楽しむ

マンション経営の税金対策

マンション経営でいちばん大きな出費となるのが、月々のローンの返済でしょう。一括で建物を購入できるのであればそれに越したことはありませんが、往々にしてローンを組んで建物を購入するのが一般的です。しかし、それ以外にも支払わなければならないものがあります。それが種々の税金です。

マンションを一棟または一部屋だけでも購入するということは、不動産を所有するということです。不動産の取得の際には、不動産取得税がかかってきますし、また不動産は持っているだけで固定資産税や都市計画税などの税金を支払わなければならなくなります。また不動産ではなく家賃収入にかかる税金としても、所得税や住民税がかかってきます。こうした支払いを何の節税対策もせずにやっていると、賃料収入をかなり圧迫してしまうことになるでしょう。

まず、家賃収入というのは、マンション経営をする必要経費を賃料収入から引いた額のことを言います。この必要経費はしばしば赤字になりますが、これを確定申告で申告すると、所得税の軽減措置を受けることができます。また、土地と建物をセットで所有している場合には、固定資産税の軽減措置を受けることができます。こうした税金のことを良く知っておくと、より安定的にマンション経営をしていくことができるのです。

Copyright (C)2018マンション経営を楽しむ.All rights reserved.