マンション経営を楽しむ

マンション経営を開始する前に支払わなければならない税金の種類を簡単な説明をつけて解説しました。

検索フォーム
注目エントリー
マンション経営を楽しむ

マンション経営を開始する前に

節税対策が出来るのでマンション経営をしてみませんか。そう言う勧誘をされたことがある人の話をそれなりに耳にします。そんな美味しい話ならマンション経営がやってみたい人も多く見えると思いますが、では実際に支払わなければならない税金はどういうものなのか本当に理解してる人はどれだけいるのでしょうか。

まずは、マンション経営を開始する為に、税金の内容を確認しておきましょう。覚えておかなければならない税の内訳をこれから説明します。最初に登録免許税と言う不動産の登記を登録する時に掛かる税金で、固定資産税評価額に対して税率を掛けて算出されるものです。次は印紙税で、知っている方も多いと思いますが領収書や契約書に貼ってある印紙のことです。これは書類に記載されている金額によって納税額も変わってきます。固定資産税と都市計画税は、所在地の自治体により税率が変わるのでその税率を評価額に掛けて算出されます。最後に不動産取得税になります。これは家やマンションなどの不動産を取得した時に掛かる税金になります。上記の税金は、どのような物件を購入しても必ず払うものなので、専門家に相談しながら進める方がトラブルなどがなく都合が良いと思われます。

注目情報

Copyright (C)2018マンション経営を楽しむ.All rights reserved.