マンション経営を楽しむ

マンション経営は面倒な管理をしなければならないことがあります。家賃の回収はなかなか厄介です。

検索フォーム
注目エントリー
マンション経営を楽しむ

マンション経営は面倒な管理もしなければならない

マンション経営の収入源というのは入居者から回収する家賃です。したがって、この家賃収入が得られなくなると、マンション経営は首が回らなくなります。貸し出している部屋がすべて埋まっていればいいですが、空室ができてしまうと、それだけでマイナスです。ですからもちろん空室はないに越したことはありません。しかし、家賃というのはたとえ部屋が埋まっていたとしても、しっかり支払ってもらえるかどうかはわからないのです。

すなわち、家賃を滞納されたら、それはある意味では空室よりも厄介な事態になります。家賃を滞納されたら家主は支払いを促さなければなりませんが、これが結構労力を要する業務なのです。賃料の回収もマンション経営の管理業務の一環です。ですから、これを家主はしなければなりません。しかしすべたの入居者が支払いに速やかに応じてくれるわけではありません。しかも滞納者は、何かと事情を付けて支払いを拒むこともあるのです。しかも滞納者をそのまま放置しておくと、それが近隣住民のクレームのネタになってしまうことがあります。こちらの処理もしなければならなくなるでしょう。

ですから、マンション経営をするときには、その管理を管理会社に任せてしまうのがいちばん良いのかもしれません。

Copyright (C)2018マンション経営を楽しむ.All rights reserved.