マンション経営を楽しむ

マンション経営において、ローンと賃貸の空室対策と変動金利は、深い関係があるので、注意が必要です。

検索フォーム
注目エントリー
マンション経営を楽しむ

マンション経営でローンを組んだ時の注意点とは?

マンション経営で、土地を持っている人においては、建物に対してローンを組むということは、難しくないことでもあります。それでも、しっかりした事前の対策というのが必要なのは、ローンをどれくらい借りるかという期間と、空室の状況の見定めにあります。このようにいうのは、空室がなく100%の状態で入居できていれば、何の問題もなく、ローンを返すことはできますが、このようなところが多くなってくると、その返済に問題が生じてくることになります。これは、そのようなところを、どれくらいの割合でみて、資金返済を組んでいるのかということにつながることになるので、ここは余裕をもって、資金返済を組むことが、最優先されるところでもあります。このように、一つ間違えるとどうにもならなくなるので、いくら立地条件がいいからといっても、経済状況の変化もあるので、ギリギリで見積もることはしないのが賢明です。

さらに、先ほどの経済状況という関係で、密接に関係してくるのが、金利の問題で、これは、固定金利と変動金利というように、変動金利はかなりの安さで、借りることができますが、いったん経済状況が変わってしまうと、その金利が一気に上昇してくることにつながり、ローン返済を圧迫することにつながったりします。このように、経済をよく読む必要もありますが、長期をみて安全に借りることが、基本にあり注意が必要です。

Copyright (C)2018マンション経営を楽しむ.All rights reserved.